安全と衛星

当社では、職場環境における従業員および関連スタッフ全員の安全と衛生に努めています。当社の拠点と従業員が安全と衛星に関する適用法の法的要件を遵守し、継続的に安全衛生管理の取り組みを改善し、より健康的で安全な職場環境づくりのため、プロアクティブに高度な目標を設定することで、これらを達成しています。

実績:

75%以上 供給拠点の労働者の75%以上が、毎月書面化された安全行動を少なくとも1つ行っています。

25% 2012年比で休業災害率を25%削減

94% 2001年以来休業災害率を94%削減

安全目標

私たちは以下の実行に努めます。

  • 死亡災害および重篤災害ゼロ
  • 休業災害率の継続的な削減
  • 生産拠点の100%で環境・労働安全衛生管理システムの認証取得

取り組み

私たちは、当社の事業活動のすべての側面において明確なグローバル要件を義務付け、外部の認証を受けた管理システムを開発し、シニアリーダーによる強いコミットメントを維持するよう努めています。

これにより、2002年より、安全衛生分野での優良事例を生み出し、著しい発展を遂げることができました。

以下は当社のグローバルな取り組みの一例です。

  • 主要な災害の傾向に焦点を当てた行動安全プログラム
  • 重大リスクに焦点を当てたプロセス安全管理プログラム

職場外での安全と労働災害の家族への影響を含む、拠点における例年の安全週間イベント

前向きに

当社では継続的な改善に努めています。そのため、以下の取り組みを行っています。

供給拠点マネージャー、監督者、EHS担当を対象とした、衛生安全コンピテンス枠組みの開発。

研究開発潜在的な重大リスク分野への焦点を強化する新たな研究開発リスク登録システム。

営業マーケティング - 個々の事業所との協力における、コンプライアンスと安全意識の向上。