経営陣(RBグローバル)

企業情報

Rakesh Kapoor – CEO(最高経営責任者)

1987年にRB入社後、各リージョンおよび本社のマーケティング部門において様々な役割を担う。

Reckitt & Colman社とBenckiser社の合併後、ホームケア部門のシニア・バイス・プレジデントに就任。2001年には北欧地域ディレクターおよびシニア・バイス・プレジデントの職に就き、2006年7月にグローバルカテゴリー・マネジメント、研究開発、メディア、市場調査、戦略的アライアンスを統括するカテゴリー開発のエグゼクティブ・バイス・プレジデントに昇任。

2011年9月、CEO就任。

RUPERT BONDY - シニア・バイス・プレジデント – 顧問弁護士/書記役

2017年に顧問弁護士・書記役として入社し、RBの法務、会社書記、法令順守を担当。

独立弁護士としてキャリアをスタートさせた後、1989年に米国の弁護士事務所、Marrison & Foerster社に入社し、サンフランシスコ、ロンドン支社に勤務。1994年からはロンドンのLovells社に勤務。1995年にM&Aその他法務関連の主席弁護士としてSmithKline Beecham社に入社。SmithKline Beecham社とGlaxoWellcome社が合併しGlaxoSmithKline社が設立された際には、シニア・バイス・プレジデント 顧問弁護士に就任する。2017年1月にRBに入社するまで、2008年からBP社のグループ顧問弁護士を務める

SETH COHEN – チーフ・インフォメーション・オフィサー

2017年にグループCIOとして入社。IFCNシステムとの統合やファイナンスシステムの向上、テクノロジー強化など、RBにおけるIS変革の次のフェーズを率いる。 

RB入社前は、PepsiCo社で3年半、欧州・アフリカ地域のSVPチーフ・インフォメーション・オフィサーとして勤務。それ以前は、12年間Pepsi社のグローバルビジネス・ソリューション、IT改革プログラムなどでIS部門のシニアポジションを経験。

 

Amedeo Fasano – エグゼクティブ・バイス・プレジデント、サプライ部門

1997年にイタリアのサプライ・ディレクターとしてRBに入社。

Reckitt & Colman社とBenckiser社合併後、欧州地域の製造ディレクターとなり、2002年に北米地域のサプライ・ディレクター、2003年に北米・オーストラリア・ニュージーランド地域のサプライ部門シニア・バイス・プレジデントに就任。

2007年にDvMサプライ部門シニア・バイス・プレジデント、その後2009年3月にサプライ部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任。

RB入社以前は、Pirelli Tyres社のサプライ部門で様々な役割を果たした経歴を持つ。

Roberto Funari – エグゼクティブ・バイス・プレジデント、カテゴリー開発部門

Imperial Tobacco社で2年間グループマーケティング・ディレクターおよび取締役を務めた後、2013年2月に南米・アジア太平洋地域のエグゼクティブ・バイス・プレジデントとしてRBに再入社。

以前RBに在籍中は、ブラジル、オランダ、南アメリカ、中欧を含む新興市場と先進国市場のシニア・マーケティング、ゼネラル・マネジメント、ファブリック、ホームケア部門のグローバル・カテゴリー・オフィサーを務める。

2015年1月、カテゴリー開発部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任。

Rob de Groot – エリア・エグゼクティブ・バイス・プレジデント, ENA地域

1988年にRB入社。 マーケティングおよびセールス部門で他国に駐在後、オランダのゼネラルマネージャーを経て、東欧地域のシニア・バイス・プレジデントに就任。その後、グローバルカテゴリー・オフィサー、北米・オーストラリア地域のエグゼクティブ・バイス・プレジデントに着任。現在は、北米、欧州、ロシア、CIS、ANZ地域の責任者として、アムステルダムのエリア本部に在籍。2012年1月に発表した成長戦略の下、新生ENA地域のエリア・エグゼクティブ・バイス・プレジデントとなる。

Adrian Hennah – CFO(最高財務責任者)

2013年1月に入社後、同年2月にCFOに就任。
RB入社前は、Smith & Nephew社において6年間、またInvensys社において4年間CFOを務める。
GlaxoSmithKline社においても18年間シニア・マネジメントおよび財務部門のポジションを経験。それ以前には、PwC(旧Price Waterhouse)社において、監査・コンサルタントの経歴を積み、ドイツの地方銀行Stadtsparkasse Koelnに勤務した経歴を持つ。

Frederic Larmuseau – エリア・エグゼクティブ・バイス・プレジデント、DvM地域

2001年にマレーシア、シンガポールのマーケティング・ディレクターとして入社。

2003年に、東アジア地域マーケティング・ディレクターに昇進し、2005年にVanishのグローバル・カテゴリー・マネジャーに着任。

その後、2008年2月にブラジルのゼネラルマネジャーに就任し、2009年10月に南米地域ディレクター、シニア・バイス・プレジデントとなる。2012年に北米地域ディレクター、シニア・バイス・プレジデント、2013年6月にロシア・中東・アフリカ地域のエグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任し、2015年1月から現職。

RB入社前はProcter & Gamble社に在籍。

Deb Yates – シニア・バイス・プレジデント、グローバル人事

2004年にRBオーストラリア入社。

以降、米国、イギリス、オランダで勤務し、2009年に財務・情報サービス部門、2011年にオーストラリア/ニュージーランド地域、2012年に北米地域、2013年に欧州/北米地域の人事ディレクターに就任。2014年12月から現職。

RB入社前は、News Limited社、 George Weston Foods社、Qantas Airways社など、オーストラリアの様々なセクターの人事部門で活躍した経験を持つ。